前の記事からの続きです。
この日のクロベェは何処かでゴロゴロと転がっていたのか、
身体のあちこちに砂埃を付けて来ていて、頭部の毛も灰色になっていました。


どうしても大きなレンズのカメラに目を合わせるのが苦手なクロベェ。
眠いこともあって、名前を呼ばれてもこんな顔になってしまいました。
K-3Ⅱ/smc PENTAX-DA* 50-135mm F2.8 2020/11/22 さいたま市
IMGP7306-b


暫くして2度目のお代わりを、まんまとせしめたクロベェ(笑)
これからやって来る寒い季節を乗り越えるために、沢山食べることの大切さを知っています。
K-3Ⅱ/smc PENTAX-DA* 50-135mm F2.8 2020/11/22 さいたま市
IMGP7311-b


計3杯食べて、ゆっくりと過ごしたクロベェの、この日の帰り道は塀の上でした。
K-3Ⅱ/smc PENTAX-DA* 50-135mm F2.8 2020/11/22 さいたま市
IMGP7323-b


こうして見ると、表情豊かなネコだなと、つくづく思います。
K-3Ⅱ/smc PENTAX-DA* 50-135mm F2.8 2020/11/22 さいたま市
IMGP7330-b


カメラに慣れて、まん丸な目をした可愛いクロベェを紹介できる日まで、もう少しかな?
K-3Ⅱ/smc PENTAX-DA* 50-135mm F2.8 2020/11/22 さいたま市
IMGP7335-b


『また来るから、よろしくニャ!』
と、振り返るクロベェは、やはり男前です。口に少し食べカスが着いてるけどね(笑)
K-3Ⅱ/smc PENTAX-DA* 50-135mm F2.8 2020/11/22 さいたま市
IMGP7337-b


「ヨッ! 男前!」
と、掛けた私の声に応えるように、塀の上のネコ専用の道で少し恰好付けてから、
クロベェは帰って行きました。
K-3Ⅱ/smc PENTAX-DA* 50-135mm F2.8 2020/11/22 さいたま市
IMGP7338-b


せっちゃんに連れられて初めて我が家へ姿を現した時のクロベェは警戒心の塊でした。
「シャ~ッ!」と言ってネコパンチを出しながら、恐る恐るご飯を食べていた頃からすると
大分、心を開いてくれたように思います。
最近では私の目の前で安心してご飯も食べてくれるようになりました。
気の休まることのない外ネコのクロベェにとって、少しでも憩いの場となるように
これからも見守ってあげようと思います。